« 大雪 | Main | また一歩 »

2005.02.20

詩を書くと言うこと

小さいときから文章を書くことが大好きで、本気で物書きになろうかなんて
考えたときもあったほどでした。
一時期は、常にメモ帳を持ち、友人達と遊んでいるときでも
ふと思いついたことを書き留めていたものでした。

メルマガというものに出会い、自分の書きたいこと、思っていることを
誰が読んでくれるのかもわからないのに、ただ、つらつらと書き連ねてきたけれど
それが、あるとき、ふっと書けなくなった・・・

こういうのって、やっぱり気分的なものなんだろうけど、メルマガを出すように
なってから、書きたくて書くのではなく、書かなきゃっていうのが、自分の中で
少しずつストレスになっていたんじゃないかなぁ。

それから、また少しずつ、書き始めたのだけど、今度はブログに出会い
撮りためていた写真に言葉も添えて表現できるうれしさに、また
水を得た魚のように書き始めた自分がいました。

それが、今、また、書きたい、表現したいという気持ちが薄らいでしまった
自分がいます。
少しずつだけど、また心が元気になったら、書き始めるでしょう。
今、こうして、こんなことを書いているのですから。

トラバ先のchiikoさんの書込を見て、ふっと、心の中の自分を思い出しました。
ありがとう。

|

« 大雪 | Main | また一歩 »

Comments

おはようございます!
トラックバック、どうもありがとうございます。
詩についてのJukulaさんの率直な思いを拝見して、じんときました。
詩を書きたいとき、書けないとき、書きたくないとき、いろいろな時がありますよね。
詩を書いてないときも書けないときも、私にとっては、詩を書くための時なんだなと最近思うようになりました。
ではまた!

Posted by: chiiko | 2005.02.21 at 07:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/3012268

Listed below are links to weblogs that reference 詩を書くと言うこと:

» どうもありがとうございます。 [chiiko通信]
子供のころから詩を書くのは好きで、大人になってからもずっと書きたいと思っていたけ [Read More]

Tracked on 2005.02.21 at 07:25 AM

« 大雪 | Main | また一歩 »