« 真っ白な朝 | Main | 卒業 »

2004.11.05

切れた電話

  ぼんやりとした頭で考えていた
  君に謝る言葉を
  君を失う怖さを感じながら

  震える手で押した電話番号
  流れてくるのは留守番電話

  昔のメールアドレスにメールしても
  届きはしない謝罪メール

  明かりの消えた君のアパート

  二度と戻らない
  君との時間

|

« 真っ白な朝 | Main | 卒業 »

Comments

手紙、電話、携帯、メール・・・。
いくつも連絡方法はあっても、会って話すのが一番、気持ちが
伝わるもの。会いに行く勇気があれば。

Posted by: Jukula | 2004.11.08 at 11:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/1905287

Listed below are links to weblogs that reference 切れた電話:

« 真っ白な朝 | Main | 卒業 »