« 街角の本屋 | Main | 告白 »

2004.06.07

はじまり

  「とってもきれいな夜景が見えるんだよ」

  眼下に広がる街の明かりが目的じゃない
  ただ
  一緒の時間を
  もう少し
  真っ暗な夜空の下
  もう少し
  二人でいたかっただけ

  細い山道を登った先には
  小さな公園がぽつんと現れた
  車を停めて二人で歩く
  暗くて細い階段

  二人で眺める風景は
  格別な夜の街
  だけど
  僕の目にはもう映っていなかった
  ただあったのは
  抑えきれない想い

  君を抱きしめたとき
  二人の物語は
  その瞬間から始まった

|

« 街角の本屋 | Main | 告白 »

Comments

恋は突然やってくる?
いいえ、その前から予感はあったはずです。
積み重なっていく想い。
何もなかったようで、少しずつ、少しずつ、大きくなり
いつしか気付いた時には、もう始まっているのです。

Posted by: Jukula | 2004.06.07 at 01:34 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/725279

Listed below are links to weblogs that reference はじまり:

« 街角の本屋 | Main | 告白 »