« ふたりでいた夏 | Main | 西武ドームライブV19 »

2004.06.02

夕暮れの情景の中で

  真っ赤な夕日が迎える
  坂の上に向かって
  駆けていく夕暮れ時の少年
  まっすぐ伸びた影を見て
  懐かしい想いがこみあげる

  自転車に乗った女の子
  手を振りバスに乗る友人達
  脇を抜けてく乗用車
  西の空には一番星

  いつもと変わらぬ情景で
  また明日ねと手を振って
  いつまでも続くと信じてた
  あの頃の君と僕

|

« ふたりでいた夏 | Main | 西武ドームライブV19 »

Comments

昼間、太陽が出ている時間だけが外にいる時間だった。
夜になると家に帰り、また陽が昇るのを楽しみにしていた。
毎日が楽しかった学生時代。いつも同じことの繰り返しだったけど
そこには、確かに自分がいて、友人がいて、家族がいた。
大人になった自分は、あの頃、夢見てた自分の姿ですか?
夕暮れ時は、大人になった自分に、昔の自分を思い出させてくれる
そんな時間と空間を提供してくれる。

Posted by: Jukula | 2004.06.02 at 07:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/698986

Listed below are links to weblogs that reference 夕暮れの情景の中で:

« ふたりでいた夏 | Main | 西武ドームライブV19 »