« 部屋に一人 | Main | 夕暮れの情景の中で »

2004.05.30

ふたりでいた夏

  夏の太陽がのぞく頃
  君のいた瞬間(トキ)を思い出す

  海岸沿いドライブした車の中で
  交わした言葉が甦る
  黄色い太陽がまぶしくて
  目を細めた笑顔も愛しくて
  二人真っ白に踊る波と遊んだ
  光を浴びた貝殻は
  広い砂浜できらりと輝き
  そっと拾った君の手を
  僕は優しく見つめてた

  あれからどれだけ
  たったでしょう
  頭上に輝く太陽も
  ドライブしたあの道も
  二人で遊んだ砂浜も
  何も変わっていないのに
  君のまわりは変わったかな
  僕も年をとったかな

|

« 部屋に一人 | Main | 夕暮れの情景の中で »

Comments

夏の日の思い出。
よく聞く言葉だけど、やはり明るい太陽が出ている季節の思い出は
楽しいものの方が多くて、より鮮明に記憶に残るのでしょう。
何も変わらない風景と、何も変わらない時間がその場所にはあるの
に、どこか違って見えるのは、成長した証なのでしょうか。

Posted by: Jukula | 2004.05.30 at 03:44 PM

 Jukulaさん、初めまして。ココログ de jumpjump で飛んできました。
 心が洗われる詩を読みました。

 いま、片思いの人がいます。その人と、波打ち際で遊びたいな、と思いました。
 「マイリスト」に追加しました。よろしくお願いします。

Posted by: しいがる | 2004.05.31 at 09:10 PM

しいがるさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
ココログ de jumpjump に登録してた甲斐がありました(^o^)
「マイリスト」ありがとうございました。
また、お暇なときにでも、お立ち寄り下さいね。
これからも、よろしくお願いします。

Posted by: Jukula(しいがるさんへ) | 2004.06.01 at 12:08 PM

おはようございます。
とても光り輝く詩ですね。
私、夏は大好きです。
夏の恋ってシンプルで肯定的でいいですね。

美里さんの歌が似合う季節になってきましたね。
では、また!

Posted by: chiiko | 2004.06.02 at 07:38 AM

chiikoさん、こんにちは。
そうそう、MISATOの季節、夏が近づいてます。
先日、先行販売のチケット、Getしました。
もちろん、今年の夏の西武ドームです(^o^)
こればっかりは、仕事が忙しくても外せません(笑)

Posted by: Jukula(chiikoさんへ) | 2004.06.02 at 07:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/680050

Listed below are links to weblogs that reference ふたりでいた夏:

« 部屋に一人 | Main | 夕暮れの情景の中で »