« つぶやき | Main | カナシイワケ »

2004.04.10

流れ星

  遠い遠い深遠の空から
  舞い降りてきた天使たち
  命のはかなさを伝え
  その最期を
  華々しく見せつけた

  オリオンをかすめ
  シリウスさえも
  かなわない輝きを放ち
  そして消えていった

  その美麗さとは裏腹に
  悲しみの表情を見た

|

« つぶやき | Main | カナシイワケ »

Comments

しし座流星群、感動しました。
もう一生見ることはできないかもしれませんね。
感動を伝えたくて、書き始めたけれども
どこか悲しげな詩になってしまったのは、
やはり、その時の心情を映し出してしまったんでしょうか。
意見、感想、お待ちしております。
=============================
上記コメントは2001年11月20日発行のメルマガ掲載分です。

Posted by: Jukula | 2004.04.10 at 12:23 AM

たった一つの輝き、一瞬の感動を得た喜び
あの流星雨を見た後、流星観測をパタリとやめてしまい、数少ない喜びを味わえなくなったのは、なんだか寂しいな。
ふたご座、ペルセウス座は何度かやりました。どうせ見えないだろ、って家族に言われても、一晩粘ったのを覚えています。
僕にとっての「悲しさ」はここにありますね。

Posted by: 喜多ロー | 2004.04.11 at 08:32 PM

喜多ローさん、コメントありがとうございます。
たしかに、あの流星雨を見た後は、普通の流星群なんて
あまり見る気になりませんね・・・。
おいしいものを食べてしまったばかりに、今まで
おいしいと思っていたものがおいしくなくなってしまう、
一種、そんな感じでしょうか(^^ゞ
もうすぐ、みずがめ。
GWの恒例行事でしたが、今年は彗星の方が本命かな。

Posted by: Jukula | 2004.04.12 at 02:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/418824

Listed below are links to weblogs that reference 流れ星:

« つぶやき | Main | カナシイワケ »