« 今の時間を大切に | Main | 遠い日の思い出 »

2004.01.31

木枯らしに吹かれて

木枯らしに吹かれて
  夕日の中に煌めく川面に照らされて
  真っ赤に染まる横顔。
  時々通り過ぎてく北風は冷たいけれど
  つないだ手と手はあったかだった。

  駆けていく子供達。
  響き渡る笑い声。
  舞い散る落ち葉の中を
  ふたりして歩いてく、ある日の夕暮れ。

|

« 今の時間を大切に | Main | 遠い日の思い出 »

Comments

情景が浮かぶ文章って、すごいと思います。
言葉を読んだだけでその場にいるような感覚、そういう文章や音楽に
出会った時って一種の感動すら覚えます。
いつか、自分もそういう文章が書けたらなぁと思います。

Posted by: Jukula | 2004.02.03 at 11:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16542/151256

Listed below are links to weblogs that reference 木枯らしに吹かれて:

« 今の時間を大切に | Main | 遠い日の思い出 »